シリカ水に育毛効果はある?徹底検証!

 

最近話題のシリカ水ですが、健康や美容に効果があるといわれていますね。
その気になる効果の一つとして、育毛の効果があるのではないかという話があります。
シリカ水には、育毛の必要なコラーゲンの生成をサポートしたり、抗酸化作用によって頭皮の血管の働きをよくする効果があるためです。

 

シリカ水の血管に対する効果

血管は全身に張り巡らされていて、体の末端まで栄養や酸素を届ける役割を持っています。
当然、髪の毛にも必要な栄養を届けてくれるのが血管です。

 

しかし、血管は年齢を重ねるとともに老化してしまいます。
血管が老化すると、しなやかさがなくなり固くこわばってしまいます。
固くなってしまった血管は、同時にもろくなり、血液がスムーズに流れにくくなるんです。

 

血行が悪くなると冷え性になったり薄毛にもつながります。
栄養を運ぶための血液がうまく流れなくなるために、髪の毛の育成に必要な栄養素がきちんと頭皮まで届かなくなるためです。

 

血管の弾力性には、内皮細胞と呼ばれる細胞が関係しており、これには血管内に異物が混入するのを防止する役目も持っています。
その内部細胞の中にあるシリカが傷ついた内皮細胞の回復をサポートしているんです。

 

シリカの抗酸化作用

シリカには抗酸化作用があることも知られています。
抗酸化作用というのは体内の活性酸素の働きを抑制する作用のことをいいます。

 

私たちの身体やお肌が老化するのには、活性酸素が深くかかわっています。
活性酸素はもともと体内にあって、外からやってくるウイルスなどを退治するためのものです。
しかし、体内に活性酸素が増えすぎると、その周りの細胞に悪影響が出てしまうんです。
血管内の内皮細胞にも老化をもたらすため、血行が悪くなってしまいます。

 

さらに、活性酸素が増えすぎるとコラーゲンを減少させることも分かっています。
コラーゲンは、髪の毛の育成に必要な細胞に含まれているものですので、コラーゲンの減少は薄毛にも影響を与えてしまいます。

 

この活性酸素の働きを抑えるために、活用したいのが抗酸化作用を持っている食品です。
シリカは抗酸化成分の代表的なものの一つになります。

 

コラーゲン生成をサポートする効果

シリカはコラーゲンの生成をサポートすることも分かっています。
さらに、シリカにはコラーゲンをヒアルロン酸やエラスチンと結合させる働きがあり、そのため、コラーゲンの弾力性をよりいっそう高めることができるのです。

 

このように、シリカには抗酸化作用によって間接的にコラーゲンをサポートする機能があるのと同時に、直接的にも弾力のあるコラーゲン作りに役立ってくれているんです。

 

実際にシリカで育毛できるの?

東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏は著書の「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」でシリカ水が毛髪力を蘇らせる効果があるとしています。

 

 

表紙でつやつやの黒髪の先生はなんと76歳で、白髪で薄毛に悩んでいる方が55歳の時もものだそうです。
76歳とは思えないほどフサフサですよね。

 

腸内細菌の権威でもある藤田教授がイチオシしているのが霧島天然水の「のむシリカ」になっています。
シリカ不足の人は育毛剤よりもまずシリカ水を試してみるのもいいかもしれませんね。