爪が割れるのはシリカ不足?シリカ水がおすすめな理由

 

爪が割れているとネイルファッションも楽しめないし、手元を見られるのも恥ずかしく感じてしまいますね。
爪がよく割れてしまうという人は、ケイ素が不足している可能性があります。
ケイ素の摂取で割れ爪を防ぐことができるというのですが、いったいどのような仕組みになっているのでしょうか。

 

爪が割れるのはどうして?

そもそも爪が割れやすいという場合、栄養不足や病気が原因になっていることがあります。
病気が原因で爪が割れるのは、例えばカビや腫瘍などに起因している状態です。
その他、たんぱく質やビタミン、ミネラルが不足している人は、爪が割れやすくなることがあるんです。

 

・爪がすぐ割れてしまう
・色が変わった
・爪に筋が入っている

 

爪は健康のバロメーターといわれますが、爪にこのような変化がある場合、体に何らかの問題が起こっているのかもしれません。

 

 

爪に必要な栄養素

一般的に爪は1日0.1o伸びるといわれています。
しかし、年を取ると、爪が伸びるスピードがだんだんと遅くなり、生え変わりサイクルも遅れてきます。

 

爪の原料となるのはケラチンですが、これはたんぱく質の一種です。
そのため、健康な爪を維持するためにはたんぱく質が欠かせません。
また、皮膚と同様に、ビタミンA、B、C、D、Eなどの各種ビタミンの他、亜鉛などのミネラルも大切な栄養素です。

 

さらに、コラーゲンも健康的な爪には必要な成分ですが、このコラーゲン生成に関係しているケイ素は丈夫な爪を育てるためのミネラルの一つなんです。

 

丈夫な爪を育てるにはケイ素が必要

私たちの身体の組織や皮膚を作っているのは、コラーゲンです。
コラーゲンは食品にも多く含まれており、代表的な食品には鶏皮、スジ肉、ゼリー、うなぎなどがあります。
コラーゲンは骨や皮膚など多くの臓器の原料となるもので、これをしっかり摂取することで、お肌にハリと弾力を与え、丈夫な爪や髪の毛を育てることができます。

 

そんなコラーゲンは、ビタミンCやアミノ酸と合わせて摂取するのが効果的だといわれています。
実はケイ素も、コラーゲンといっしょに摂りたい成分なんです。

 

ケイ素は体の中のあらゆる器官に存在しており、コラーゲンの結合をサポートする役割を持っています。
もちろん、爪にも含まれていて、ケイ素が不足した爪はもろく割れやすい爪になってしまいます
丈夫な爪を育てるためには、ケイ素がとても重要なのです。

 

体内のケイ素は加齢とともに減少するので、食品から摂取するのが望ましいです。
シリカ水なら高い吸収率でシリカ(=ケイ素)を摂取できるのでおすすめです。